沿革

明治38年4月 松本安次郎が木更津町仲方町にて松本金物店として独立開業。
家庭用金物、建築用金物の販売を始める。
昭和22年4月 「合資会社松本商店」に組織を改組
資本金50万円
昭和33年4月 八幡エコンスチール株式会社
(現在の日鐵住金建材(株))の特約店となる。
昭和35年4月 八幡鋼管株式会社(現在の新日鐵住金(株))の特約店となる。
昭和36年9月 資本金150万円に増資
昭和46年10月 資本金を2,500万円に増資
昭和56年6月 資本金4,000万円に増資
昭和57年3月 「株式会社松本商店」を設立。 資本金2,000万円
「合資会社松本商店」の営業一切を継承する。
平成4年6月 資本金を5,000万円に増資
平成4年7月 『株式会社松本』に社名変更
平成4年7月 新社屋及び鋼材倉庫を木更津市潮見に新築移転
平成18年2月 資本金5,000万円の全株式を消却し、新資本金を3,000万円とする(発行株数3,000株)
平成18年3月 三井物産スチール(株)が資本参加(300株)
平成22年5月 東京営業部開設
平成26年4月 東京営業部を東京出張所に改組